TI社センサー

OpenBlocks IoT BX1とインテルEdison Kitを使用した活用事例です。

1. TI社製センサーの活用

IMG_7255

センサーとして今回はTI社のCC2541 SensorTag 開発キット(開発キット)を使用します。
開発キットには6種類のセンサーが付属しています。(TI社のサイトより引用)

IR 温度センサ
湿度センサ
圧力センサ
加速度計
ジャイロスコープ
磁力計

詳細はこちらを参照してください。

開発キットはTI社から購入できます。

2. 事前準備

付属の資料を参照して組み立てます。

IMG_7266

3. 開発キットを使用してのセンサーテスト

node.jsを使用してセンサーデータが受信できることを確認しました。詳細はこちらを参照してください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中