OBD2レシーバ

OpenBlocks IoT BX1とインテルEdison Kitを使用した活用事例です。

1. OBD2レシーバの活用

OBD2レシーバとして今回は下記の複数の商品を使用します。Amazonから購入できます。

ELM327 OBD2 Bluetooth for Android & PC by Eurostile

IMG_7286

OBD2 マルチメーター メーター スピードメーター 水温 回転数 電圧 診断ツール 日本語版専用アプリ付属

IMG_7287

超小型モデル OBD2 診断 ELM327 ホワイトバージョン Bluetooth ブルートゥース

IMG_7289

Patech ELM327 OBDII OBD-II OBD2インターフェイスのミニブルートゥースV1.5自動診断スキャナ[並行輸入品]

IMG_7288

超小型モデル OBDII 診断 ELM327 Bluetooth ブルートゥース スキャンツール テスター OBD2

IMG_7290
OBD2レシーバはBluetoothでOBD2情報を送信します

 

2. 事前準備

使用する車輌がOBD2に対応しているか、対応している場合にはOBD2端子の位置を確認して下さい。
またOBD2に対応している場合でも仕様違いにより一部のデータが受信できない場合があるようです。

OBD2に対応している車輌としてトヨタのFT86を使用して動作確認を行いました。

IMG_7301 IMG_7305IMG_7312IMG_7310

 

 

3. OBD2レシーバを使用してのセンサーテスト

node.jsを使用してOBD2のデータが受信できることを確認しました。詳細はこちらを参照してください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中