IoTサービス

iot

Pacenotes IoTサービスとは、センサーからのデータを収集するPacenotes Agent(エージェント)と、収集したデータを加工・分析するPacenotes Cloud(クラウド)から構成されるIoTサービスです。

Pacenotes IoTサービスを使用することで以下のシステムの構築が可能となります。

・ビーコン/GPSデータ収集による位置システム
・OBD2データ収集による交通システム
・温度/湿度データ収集による環境システム
・ジャイロ/加速度データ収集による監視システム

1. Pacenotes Cloud(クラウド)

クラウドには無償でアカウントを作成することができ、エージェントから収集されるデータをリアルタイムで加工して配信することができます。またデータを保存することもできますので履歴として分析することもできます。

 1-1. アカウントの作成

Pacenotes IoTサービスを使用するためにはアカウントを作成する必要があります。
アカウントはこちらから作成してください。

アカウントを作成すると続いて
・エージェントのインストール
・デバイスとエージェントの環境設定
の順で初期設定を行います。

※現在開発中につき、アカウントの作成はもうしばらくお待ちください。お問い合せはこちらまでお願いします。

2. Pacenotes Agent(エージェント)

エージェントはオープンソースとしてGitHubから提供予定で、OpenBlocks IoT BX1とインテルEdison Kitに対応しています。

※現在提供準備中につき、ダウンロードはもうしばらくお待ちください。お問い合せはこちらまでお願いします。

2-1. センサー/アクションと監視モニタ

エージェントでは、下記のセンサー/アクションとデバイスの3つの監視モニタをサポートしています。

[センサー/アクション]

A. GPS(nmea-0183フォーマット)
B. OBD2レシーバ
C. Braveridge社ビーコン
D. TI社CC2541 SensorTag(気温・湿度・圧力・加速度・ジャイロスコープ・磁力)
E. iBeacon送信
F. Wifi
G. Tenvis社カメラ

[監視モニタ]

・ ディスク
・ プロセス
・ メモリ

2-2. エージェントのインストール

 

エージェントのインストール方法はこちらを参照してください。(今後公開予定)

 

2-3. デバイスとエージェントの環境設定

 

デバイスとエージェントの環境設定方法はこちらを参照してください。(今後公開予定)

 

2-4. デバイスとエージェントの動作テスト

 

デバイスとエージェントの動作テストはこちらを参照してください。(今後公開予定)

 

2-5. プロトコル仕様

 

データ通信プロトコルの仕様はこちらを参照してください。(今後公開予定)

 

2-6. 環境設定ファイル仕様

 

環境設定ファイルの仕様はこちらを参照してください。(今後公開予定)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中