OpenBlocks IoT BX1のネットワーク設定

OpenBlocks IoTのネットワークを設定するためにWifiとIPアドレスの設定を行います。

1. Wifi設定
wpa_passphrase コマンドでwpa.confを作成し、SSIDとPASSWORDを指定します。
作成されたwpa.confを編集して行を追加します。

# cd /etc/wpa_supplicant
# wpa_passphrase SSID PASSWORD > wpa.conf ← SSIDとパスワードを指定します
# chmod 600 wpa.conf

# vi /etc/wpa_supplicant/wpa.conf

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant ← 追加します
ap_scan=1             ← 追加します
network={
	key_mgmt=WPA-PSK    ← 追加します
	proto=WPA WPA2      ← 追加します
	pairwise=CCMP TKIP    ← 追加します
	group=CCMP TKIP     ← 追加します
	ssid="SSID"
	#psk="PASSWORD"    ← 平文パスワードは削除します
	psk="XXXXXXXXXXXXXX"
}

# /sbin/wpa_supplicant -s -B -P /var/run/wpa_supplicant.wlan0.pid -i wlan0 -D nl80211,wext -c /etc/wpa_supplicant/wpa.conf

2.IPアドレスの設定
使用環境に合わせて固定IPアドレス(またはDHCP)やデフォルトゲートウェイ等を指定します。

# vi /etc/network/interfaces

# Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
# /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.

auto lo
iface lo inet loopback

#auto wlan0
#iface wlan0 inet dhcp

auto wlan0
iface wlan0 inet static
     address 192.168.254.254
     network 192.168.254.0
     netmask 255.255.255.0
     broadcast 192.168.254.255
     gateway 192.168.254.253        ←default g/wを追加します
        wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa.conf ←これを追加します

3.DNSの設定
DNSサーバを指定します。

# vi /etc/resolv.conf

nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

4.ネットワークの再起動
ネットワークを再起動して正しく設定されるかを確認します。

# ifdown wlan0
# ifup wlan0

あとはSSHでログイン出来るようになります

$ ssh root@IPADDRESS

root@obsbx1:~#

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中