OpenBlocks IoT BX1に開発・実行環境のインストール

OpenBlocks IoTに開発環境と実行環境をインストールします。

1. USB シリアルチップの制御

USB シリアルチップの電源を自動制御にすると 消費電力が35mA程度になるようなので、こちらに設定を変更します。
ただし自動制御にするとコンソールでのキー入力時に電源 OFF 状態から復帰時に最初のキー を取りこぼす場合があるようです。

# echo auto > /sys/devices/pci0000:00/0000:00:04.3/power/control

常時オンにする場合にはこちらの設定に戻します。

# echo on > /sys/devices/pci0000:00/0000:00:04.3/power/control

2.ntpのインストール

# apt-get install -y ntp

3.開発環境のインストール

# aptitude update
# apt-get install multipath-tools
# locale-gen en_US.UTF-8
# localedef -i en_US -f UTF-8 en_US.UTF-8
# export LANGUAGE=en_US.UTF-8
# export LANG=en_US.UTF-8
# export LC_ALL=en_US.UTF-8
# locale-gen en_US.UTF-8
# dpkg-reconfigure locales
# tasksel install standard ←en_US.UTF-8を選択します
# aptitude install build-essential

あわせてgitもインストールします。

# aptitude install -y git
# git --version
git version 1.7.10.4

4.実行環境のインストール

node.jsをインストールします。ソースからのインストールとなり、執筆時点でのnode.jsのバージョンは0.10.35です。

# aptitude update
# cd ~ 
# mkdir src
# cd src
# wget http://nodejs.org/dist/v0.10.35/node-v0.10.35.tar.gz
# tar xvzf node-v0.10.35.tar.gz
# cd node-v0.10.35
# ./configure
# make
# make install
# node --version
v0.10.35

Redisをインストールします。執筆時点でのRedisのバージョンは2.6.9です。

# aptitude install -y redis-server
# redis-server --version
Redis server v=2.6.9 sha=00000000:0 malloc=libc bits=32

# /etc/init.d/redis-server stop
# /etc/init.d/redis-server start
# /etc/init.d/redis-server status

サービス起動コマンド

# /etc/init.d/redis-server start

サービス停止コマンド

# /etc/init.d/redis-server stop

サービス状態確認コマンド

# /etc/init.d/redis-server status

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中